ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< やれるだけやったらこうなった。@さいたま木曜クラス Game Day 1月31日 | main | 2月スタート!さいたま月曜総合クラス FEVEREIRO 2月4日 18-19 >>
2019.02.03 Sunday

百聞はひと蹴りに過ぎず。@さいたま選手クラス ラルゴカップ 2月2日

Ola como vai amigos Está com a bola

このブログではセントロ・デ・フットサルスクールの日々のトレーニングの様子をみなさんにお伝えしております!

 

2019年2月2日 セントロ・デ・フットサルさいたま選手クラス

(@フットサル大宮)in ラルゴカップ

 

スクール紹介はこちら→セントロ・デ・フットサルとは??

セントロデフットサルスクールのホームページはこちらから

ツイッターはこちらから

 


 

今回は👇 

[U10,12|JOGADOR]

毎年恒例の大会ラルゴカップに出場!

 

チームみんなで考えてボールに触ってプレイすることがいちばん楽しい!

 

これに尽きます!

 

6年生中心の大会に今回は3〜6年生がまんべんなくいる状態!?で挑みました。

比率は3年生x1、4年生x1、5年生x2、6年生x1の合計5人ぴったり!

 

前日夜に急遽来ることができなくなった選手の代わりを当日朝からコーチたち総動員で探して、土曜授業後にも関わらず来てくれた3年生選手、そしてコーチのみんなには本当に感謝感謝!

 

ピッチでは1.5倍はあるだろう身長差、体格差にまったく引けを取らず、選手たちは前向きにそして全員でボールに関わり楽しみながら、時にピッチで笑いもあり、技術戦術的には互角以上であったのは現場にいたすべての人が感じていました。

 

なにができていたのか?

 

もちろん色々な要素が噛み合ってというのはありますが、すべてはみんなが関わり『背中を取られない』ことを中心に全ての選手たちがゲームの流れや動きを自分の目で見て感じて考えてプレイに代えていたこと。

 

まさに学年ごとの良さをみんなが感じ、その人のためにまわりが動いていたので、敵チームはつかみ所がないチームに苦戦した感じでした。

 

そして最終試合ではその楽しさを爆発させて審判までも我がチームに釘付けになって『目が離せません!』と言われるほど。

 

現在予定されている今期選手クラスの活動はあとトレーニング2回と大会ひとつ。

 

量より質であることを関わるみんなが信じれることが選手たちの大きな成長を生むことを皆さんも感じていると思います。

 

一生懸命を楽しもうと考える彼らのピッチでの躍動を全力でサポートします!

 

『20番ダイジュを中心にどこからでもシュート&シュート!』
『機転を効かしたプレイでみんな釘付け!会場も盛り上がりました!』

今回のトレーニングの様子を動画でも見ることができます↓

セントロデフットサルさいたまスクールのFacebookページ

 

フットサルを思いきり楽しもう!

 

Vamos jogar futsa !

Muito obrigado ! Até !

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album