ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ミルコツ。@さいたま木曜クラス 10月11日 | main | 次の次へ。さいたま月曜中学生クラス OUTUBRO 10月15日 18-19 >>
2018.10.15 Monday

アタマのスイッチ! 〜埼スタカップ2018〜 @さいたま選手クラス 10月13日

Ola como vai amigos Está com a bola

このブログではセントロ・デ・フットサルスクールの日々のトレーニングの様子をみなさんにお伝えしております!

 

10月13日 セントロ・デ・フットサルさいたま選手クラス

(@フットサルおおみや)

スクール紹介はこちら→セントロ・デ・フットサルとは??

 

セントロデフットサルスクールのホームページはこちらから

 

ツイッターはこちらから

 


 

今回は👇 

[U10,12|JOGADOR] 埼スタカップ U-12クラスに参戦!

 

みんなで楽しめるフットサルがカタチになった!

 

今回は『勝ち負けを忘れて』『敵を知ること』をただ考える。というフットボールの永遠のテーマと共に。

 

『考える』ことを技術とリンクさせる大きな機会。

コーチングも『考える』ことへのアプローチ仕様に。

 

アタマを動かしてゲームに臨む。

 

選手たちは十二分に感じ、それを身につけようとチャレンジを繰り返していました!

 

1回の体験=トレーニング、ゲーム、大会、トレーニングマッチで何を残してあげれるか?

それがこの選手クラス、いやセントロスクールがすべての時間でチャレンジしていること。

 

選手クラスは月イチのトレーニング、年に5〜6回の大会とトレーニングマッチで活動する中で、それを少ないとか多いとか何かと比べたりすることは外の要因/状態に捕らわれてしまう訳で、その1回1回に選手のアタマに残る何かを感じ共有することで、コーチたちやまわりで見ている人たちに想像できないプレイを魅せてくれる=自分自身の気付き=想像と技術の定着を目指しています。

 

みんなで点を取る。取ってみんなで喜ぶ。

 

そこから読み取れることは、単純かもしれませんがひとりひとりがフットサルの型を考えれるようになったこと。

 

One of them より Only one 

 

選手は常に成長しています!

 

今回もたくさんのサポートと応援をしてくださった保護者の皆様、そして常に暖かく触れ合ってくれるコーチたち、堂々と笛をふいてゲームを作ってくれるFSO審判たち、みんなに感謝です!

 

『どんどんチームになってます!』

『埼スタカップはいつも何かを選手たちに残してくれます!』

 

 

今回のトレーニングの様子を動画でも見ることができます↓

セントロデフットサルさいたまスクールのFacebookページ

 

フットサルを思いきり楽しもう!

 

Vamos jogar futsa !

Muito obrigado ! Até !

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album