ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ちょっとした足の裏の感覚。CFSさいたま月曜インテグラウクラス 5月8日 | main | 狙って狙って。CFSさいたま水曜基礎クラス MAIO 5月10日 16-17 >>
2017.05.09 Tuesday

彼らのスイッチ。CFSさいたま月曜中学生クラス 5月8日

  ←スクール紹介はロゴをクリック!

Ola  Obrigado como sempre ! 

『俺は神だ!』という一年生。『あいつマジでくるよ』という2年生。『やるね〜』と笑う3年生。中学生が。。。。↓

 

【U15 : Dente de leite】ゲームを感じる / "オーガニゼーションを利用する"

テーマ:1vs1para 2vs1 Quebra baranço do Defeza / DFのバランスを崩し1vs1から2vs1へ 
TR : Aquecimento(Interruputor o corpo ) 〜 2vs1Bloque jogada 〜 Jogo mais mais 

 

『キミたちは思っている以上にできる!


Palavras de hoje (キョウノコトバ)

" Compreensão e clareza ( コンプレエンソン イ クラレーザ):わかりやすさと理解 "

精神的に難しく、扱いににくいというのは言われればそうかも知れません。ただ、それは大人たちが自分がわからなければ『何考えているかわからない』=『難しい奴らだ。。。』と決めつけに心を捉われて、結果自分がわかるように持って行かせてしまっているからだと思います。そこに信頼と理解があれば彼らは自分の考えで動けます。とはいってもそう簡単にできることではないからスクールの環境というものがあるのだとも思います。 彼らはとても素直で難しい表現が続くと明らかにだんまり状態になり静かなゲームが展開され、自分たちの中に落とし込めるとそれはそれは個性あふれるプレイが繰り広げられます。 その調度良い表現とプレイ環境が中学生のプレイモデルです。 鬼ごっこでゾンビを楽しむ彼らを観ている人は彼らが難しい年代だとは思わないはず。そういうこと。


Obrigado! Valeu amigos !  

スクールの紹介 コチラより

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album