ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.08.28 Monday

『君の名は』。CFS 合同イベントフットサルアミーボス2017 @J-wing千年の森

Ola como vai amigos ?  Faça a sua jogada ! (自分らしくあれ!)
Ser futsal , Ter sorriso sempre ”フットサルをプレーする!” そして、”常に笑顔を!”

 

『君の名前は?』

 

普段はすれ違うことすらない子供たちがひとつ屋根の下で2日間の旅をする。

 

その中で感じて欲しいことは2つだけ。

自分を信じること。と、仲間を信じること。

 

どんなに技術があろうともどんなに身体能力が高かろうとも、それを動かすのは自身のカラダであり、そのカラダを動かすのはココロなんだと。

 

サッカー、フットサル、また様々なスポーツでメンタルのトレーニングをすることは、普段のトレーニングや合宿ではあるかもしれません。でも、この2日間は、合宿ではなく、ココロを見つけ、育て、成長させる旅なのです。

 

おそらく普段生活している中では意識しない部分に思いっきり傾いて集中して取り組みました。

 

2日目解散前にはお互いの名前を呼ぶことを超えた以心伝心のようなコミュニケーションまで生まれていました。

 

スマイルアドベンチャー(プロジェクトアドベンチャー)のマックさんも言ってました。

『この時間でフットボールの技術が上手くなることはありません。でも、その持っている技術を活かしてチームワークを感じ育てることはみんなの大きなチカラに宝になります』と。

 

その言葉通り、たくさんのお菓子や景品、レア物をゲットしましたが、何よりも最高な宝は自分自身の心の成長と仲間を感じ、信じる強さを身につけたことだと思います。

 

『来年もいくよ〜!』という声。

この声が成長していくよう、またコーチングスタッフみんなで環境作りに励んでいきます!

 

この旅に送り出していただいた保護者のみなさま、お子さんたちは最高の笑顔を魅せてくれました!本当にありがとうございます!

 

その笑顔を支えてくれたCFSコーチングスタッフのみんな、選手たちの笑顔はみんなの笑顔の賜物です。感謝感謝です!

 

ココロを育てる旅は、帰ってきてもずっと続いていきます。

そのきっかけになれたことを嬉しく思います。

 

さあ、来年に向けて 笑

 

写真での振り返りは↓から

『ここからバスが入ってきます!』

 

『マックさんへの挨拶!』

 

『部屋は大部屋でワクワクのスタート!』

 

『マックさんと一緒にスマイルアドベンチャースタート!』

 

『ナイスキャッチ!』

 

『午前のヤマ場!盛り上がった〜〜〜〜〜』

 

『ランチはカレー! 4杯食べてる子も!』

 

『午後はハイエレメントから! 高いところを克服できるか?』

 

『自分を信じて、仲間を信じる!」

 

『いけるよの声!」

 

『低学年グループも思いっきりチャレンジ!』

 

『飛びましたーーーーー』

 

『みんなで着地サポート!』

 

『高学年もいっターーーーーー』

 

『ジャンプ記録のかかる長根選手兼フットゴルフ委員長』

 

『さあ、最後のチャレンジ!ひとりめスタート!』

 

『最後のひとり着地なるか?』

 

『大成功ーーーーーーーーーーーーーーーー』

 

『おまちかねの焼肉ーーーーーーーーー!』

 

『地元の野菜の甘みが肉の味をさらに引き立てて、もうお腹いっっっっっぱい!』

 

『夜のお楽しみ会終了!(中身はナイショ笑)』

 

『はまってます』

 

『やりきりました』

 

『就寝早かったな〜』

 

『朝は長根ランニングインストラクターとともにジョギングに!』

 

『昨日の成果が!』

 

『たっぷり朝ごはん食べます!』

 

『フットサル大宮から大勢のコーチングスタッフのサポートがきてくれました!』

 

『長根フットゴルフ委員長自信作のフットゴルフ場完成!』

 

『委員長とみんなで!』

 

『止まるかな?』

 

『豪快に打ち下ろし!』

 

『この表情!』

 

『午前のフッザニアスタート!』

 

『誰もが支え合う』

 

『ランチはラーメン、チャーハン!』

 

『フットサル縁日もおかげさまで大盛況!』

 

『酒井コーチの自信作キックターゲット!!!!』

 

『どっちがボールだかわからない頭に当たったのを拾います笑』

 

『午後のフッザニアが待っている』

 

『フッザニア2部スタート』

 

『素晴らしいゲームばかり』

 

『高学年も負けていられない』

 

『協賛いただきましたフィンタ様、バンデル様、子供たちは最高に喜んでおります!』

 

『みんなで作り上げたフッザニア!』

 

『帰りのバスはみんな最高の仲間に!』

 

『この2日間の旅が選手たちのココロの成長の時間になりました!』


ピッチのあらゆることを感じ、みんなが動き/それぞれも動き、ひとりひとりのプレーをリスペクトし合う環境。
その中身が戦略、戦術、目的、原則から生まれるチームプレーモデル。
5=みんなでフットサルを楽しもう!


Até que em fim ! 

スクール紹介は下のロゴをクリック!
  

2017.08.10 Thursday

スイカxフットサルx面白すぎる試合 CFSさいたまx古河 U10クラス 交流戦! @ウィローフィルーズ古河 8月8日

Ola como vai amigos ?  Faça a sua jogada ! (自分らしくあれ!)
Ser futsal , Ter sorriso sempre ”フットサルをプレーする!” そして、”常に笑顔を!”

 

『あっという間すぎるよ!』

 

どちらからも聞こえてくる声。

 

先日行われたCFSさいたま校と古河校の選手クラス交流戦、U-8クラス交流戦に続く第3弾U-10クラス交流戦!

今回は古河校のホームであるウィローフィールズさんで開催しました。

 

前日まで近づいていた台風も見事に通過して、台風一過の猛暑!の中、まさに強く、速く、激しく、そして楽しく!Futsal三昧であっという間に時間がすぎました!

 

4チームリーグを2グループ作っての戦いは普段のトレーニング内容が随所に観られる最高の展開。

そんな中、優勝したのはさいたま校4!

 

プレスとシュートへの積極性が生んだ結果でした!

 

終了後は帰りの時間が迫る中、駆け足でスイカ割り!割って割って割って割りまくった!

 

スイカで火照った体を冷ますことができました!

準備いただいたウィローフィールズのみなさま!本当にありがとうございました!

 

今回の試合もやっぱり思えるのは、フットサル楽しい!ということ。

定例化して楽しんでいきましょう!

継続はチカラなり!

 

『4チームリーグ!』

 

『チームになっている!』

 

『どの試合もスポーツマンシップを体現する、ルールxアグレッシブなぶつかり合い!』

 

『良く走り、良く喋り!』

 

『スイカ割り割り割り!』

 

『iPhone持ったスイカのタネマン!』

 

『やりきりました!』


ピッチのあらゆることを感じ、みんなが動き/それぞれも動き、ひとりひとりのプレーをリスペクトし合う環境。
その中身が戦略、戦術、目的、原則から生まれるチームプレーモデル。
5=みんなでフットサルを楽しもう!


Até que em fim ! 

スクール紹介は下のロゴをクリック!
  

2017.07.29 Saturday

フットサルが楽しい!CFSさいたまxCFS古河 U-8交流試合! 7月28日

Ola como vai amigos ?  Faça a sua jogada ! (自分らしくあれ!)
Ser futsal , Ter sorriso sempre ”フットサルをプレーする!” そして、”常に笑顔を!”

 

『まだやれるよ!』

 

と言いつつもピッチに出たら止まってしまう。というほど、選手たちはフットサルを楽しみました!

 

” チーズ ”と” ワッショイ "

試合を目的あるものにする合言葉。

 

できることは本当に増えましたね。

負ける悔しさも勝つ喜びもゴールを決めた時の嬉しさもすべて選手みんなの宝になっています。

 

試合ってどんなことなのかな? みんなで考えることってどんなこと? なによりも” やりたい! "というキモチを強く持てること。

それは勝負という勝ち負けを超えたスポーツが与えてくれる最高な成長への鍵。

 

フットサルを通じ、スポーツを通じ、経験で成長していく選手たち。

 

終わった後は当然。。。。

 

”まだできるんだけどコーチ!”

 

ハイ笑 またやりましょう!

 

今回の試合もやっぱり思えるのは、フットサル楽しい!ということ。

継続はチカラなり!

 

さいたま 古河 交流戦

『4チームリーグ!』

 

『混戦から抜け出し合う選手たち!』

 

『イエロー軍団!』


ピッチのあらゆることを感じ、みんなが動き/それぞれも動き、ひとりひとりのプレーをリスペクトし合う環境。
その中身が戦略、戦術、目的、原則から生まれるチームプレーモデル。
5=みんなでフットサルを楽しもう!


Até que em fim ! 

スクール紹介は下のロゴをクリック!
  

2016.08.27 Saturday

最高の笑顔と強さを感じる夏!アミーボス2016 @千年の森 J-wings

"ヒトはヒトと共に成長する!"

 

毎年恒例となった夏のスクールイベント『フットサルアミーボス』。

今回は、古河校も加わり群馬県赤城高原にある千年の森J-wingsで開催しました!

 

アミーボとはコーチの風見がブラジルサッカー界のレジェンドであるロナウジーニョとともに考え出したボールを使ったコミュニケーションプログラムでポルトガル語の『アミーボ(トモダチ)』と『ボーラ(ボール)』を掛け合わせた造語です。

 

それに複数形の『S』をつけてアミーボな仲間たちでともに時間をすごし、

アミーボの持つ『感じる』『みんなが動く』『褒めあう』感覚を得て、フットサルだけでなく、スポーツだけでもない、人間として成長することにフォーカスをした環境を用意したく6年前よりはじめました。

 

20名の選手たちがそれぞれの想いで参加しれたこの時間をどれだけ心に刻み、彼らの心と体の成長につながるかをスタッフ一同で様々な趣向を凝らし準備してきました。

 

結果は大大大大大大大大大成功でした!

 

自分を知り仲間を感じ行動に移す。その繰り返しが帰る時の彼らの表情がすべてを物語っていました。

また来年もどんな場所でどんな仲間たちとどんな時間が過ごせるか?今日からまた準備です!
参加してくれた選手たち、快く送り出してくれた保護者の皆様、寝る間を惜しんで事前の準備と当日の活動サポートをしてくれたスタッフのみんな、こんな素敵な仲間たちがいること自体がヒトを強くし、幸せにしてくれるのだと感じました!
心よりお礼申し上げます!
みんなありがとう!
AMIBO MUITO BOM ( アミーボ最高!)
プチギャラリー
2015.09.01 Tuesday

CFSフットサルアミーボス2015! 笑顔とアイデア満載の時間!

Ola como vai amigos amibos foram muito divertido ! 
今年もアミーボスの季節がやってきました!

最高の時間、最高の仲間、最高の環境。

すべてが選手たち(子供たち)による選手たちによる選手たちの時間!

足柄グリーンサービスさんの素晴らしい施設でのプロジェクトアドベンチャーから始まり、実際のクラブ運営を体験するフッザニア、そして実際にフットサルの試合を戦い、チーム力を高めるフットサル縁日で色々get! 優勝、準優勝にはレアな景品がプレゼントされましたが、裏チャンピオンの8位チームにも最後まで諦めずに戦った賞。そして、各選手たちにBANDELさん、 FINTA ジャパンさんからの豪華景品が配られるというジェットコースターのような1日でした。

このイベントはセントロデフットサルスクールグループとして、沼津、小田原、さいたま、世田谷からの選手たちを集めて地域問わず、年齢問わずみんなでその時間を作り上げていくという『人間力』を高めることをテーマに続けてきています!

今回は過去最高ともいえる選手たちのつながりと自主性が目立った時間でした!

この時間を作ることができたのもまずは参加してくれた選手のみんな、送り出してくださった保護者の皆様、環境を与えてくれた核施設の方々、選手たちへのがんばりをより引き出してくれたスポンサーの方々、そして、連日連夜様々な準備/アイデア出し等でチカラを出し、やりきってくれたスタッフのみんな、誰が一人欠けてもこの結果は生まれなかったと思います。

本当にMuito obrigadooooooooooooo!!!!!!!

また来年アップグレードしてさらに多くの選手たちとアミーボアミーボしましょう!

では少しですが写真お楽しみください!


IMG_0411.JPG
『やりきった笑顔たち』

IMG_0410.JPG
『ピッチには身長制限はありません!』

IMG_0409.JPG
『試合の合間にフットサル縁日も楽しみまくってあっという間に景品終了。。。。』

IMG_0408.JPG
『試合はアミーボなプレーが満載!』

IMG_0407.JPG
『仕掛ける仕掛ける』

IMG_0406.JPG
『学年関係なく戦う姿勢も特徴の一つ』

IMG_0405.JPG
『フッザニアも予想以上の仕事理解と順応性!』

IMG_0404.JPG
『フットボーリング!トシキコーチが隠れてます。。。』

IMG_0403.JPG
『ナガサカキーパー!ロボではなく強い意思を持った最強のゴレイロたち!』

IMG_0402.JPG
『フットボックス!意外性もある?』

IMG_0401.JPG
『翼くん! これはやってみないとわからない』

IMG_0400.JPG
『キックターゲット! 酒井コーチ全面プロデュース及び作製!』

IMG_0398.JPG
『プロジェクトアドベンチャーはカラダも頭も使うのでちょっとお疲れ?』

IMG_0397.JPG
『最後の円は本当につながった円だったね』

IMG_0396.JPG
IMG_0395.JPG
IMG_0394.JPG
『みんながつなげたこの円はまさに縁!』

IMG_0392.JPG
『助け合えるね。本当に』

IMG_0389.JPG
『徐々にまとっていく感じはしました』

IMG_0365.JPG
『まずはここからはじまる』

IMG_0361.JPG
『最初は何がはじまるの?って様子見状態!』

まだまだたくさんの笑顔やアミーボな様子がありましたが、それぞれの場面は選手たちの心の中にしっかりと刻まれています!

また来年だ!

Até proximo ano !
 
2015.04.04 Saturday

2014年度全日程終了と沼津スクールへの御礼

Obrigado para todos !

2014年度も選手ならびに保護者の皆様のおかげでフットサルを通じ様々な発見と感動を生むことができましたことを感謝申し上げます!

『2014年度最後のスクールでも選手達の笑顔とやる気はマックスで楽しい時間でした!』

またこの度はBLOGの更新が遅れてしまい大変申し訳御座いませんでした。私事で恐縮ですが(一部の方々は既にご存知であると思いますが)3月23日に最愛なる母がこの世を去りました。その母の最後の旅たちをひとり息子として精一杯送り出すため様々な業務の進行スピードを遅らせながら活動していたためUpが遅れてしまいましたことご理解頂きたく存じます。

そして、2001年より細々と楽しく逞しいスクール活動を元気な選手達と共に続けて参りました沼津スクールを2014年度をもちまして終了させていただくことに致しました。最終回では保護者の皆様からのありがたいお言葉、プレゼント、手紙等身に余るご厚意に心より御礼申し上げたく思います。


『年齢の壁を越えた交流のあった沼津スクールとの思い出は忘れません!』

セントロデフットサルスクールは、2015年度も小田原、さいたまにてフットサルから得る喜びと発見と感動からひとりひとりが成長を感じることの出来る環境を与えられるようスタッフ一同思考を凝らして進めて参ります。
こちらに書き留めたい言葉はたくさんございますが、今回は昨年度までのご理解ご協力への御礼とさせて頂き、新年度の日々のスクール活動報告の中でまた色々な形でお伝え出来ればと考えております。

新年度もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

セントロデフットサルスクール
スクールマスター 風見 聡
スタッフ一同
 
2014.08.19 Tuesday

みんなアミーボ!最高な夏の時間!

A  M  I  B  O   

Muito Booooooooooooooooooooom !


今年もやってきましたコドモたちのコドモたちによるコドモたちのジカン!
フットサルアミーボス2014!

今回は富士川でラフティングからのBBQして、肝試し散歩して、レクレーションして、妖怪体操第一して、雨の中フットゴルフして、びしょぬれでフットサルして、でっかいコートでみんなでボール蹴り合って、そしてお土産たくさんもらって、アナと雪の女王観て!?(一部の地域除く 笑)

というようなとにかく次から次へといろんなことして楽しみました。


IMG_6030.jpg
先に到着した沼津スクールはちょい川遊び!このあと、水かけ合戦タイム突入!

IMG_6033.JPG
さいたま/世田谷スクールも到着してみんなでカレータイム!『めっちゃうまかった!』

IMG_6038.JPG
腹ごしらえしたら壁のぼって。。。。

IMG_6041.JPG
これから気合いと感動!?のラフティングタイム!

IMG_6053.JPG
カラダを動かしたらおなかを満たすBBQ〜!

IMG_6054.jpg
からの肝試し!? 何妖怪?

IMG_6057.JPG
そして、レクレーションポイント稼ぎ!?

IMG_6061.JPG
朝イチ、妖怪体操の前のナガネ体操!

IMG_6063.jpg
小田原スクールも加わって、ヒトも増えてバラバラなようですが、フットゴルフ中! チーム対抗戦!

IMG_6065.JPG
そして天然芝の上でのフットサル! 芝だからとかどうこうなど選手達には関係なく、最初からMAXでした!

IMG_6070.JPG
ゴレイロ余裕のカメラ目線!

IMG_6071.JPG
雨にもマケズ! 走りきって、蹴りきった!

IMG_6075.JPG
今回は、KIRINさん、フィンタさん、バンデルさん、ロナウジーニョ財団さんからご協賛頂きました!

IMG_6080.JPG
オリジナルプラクティスシャツがよく似合う! さあ帰りましょう!

写真はホンノ一部です。

このアミーボスでは常に『記録より記憶』を意識して、選手達との会話、選手同士での会話、自然との会話などの『かんじること』の中で、選手達、コーチ達のココロの中に『何か?』を残していくジカンを考えています。

今回も選手達が『何か?』を基に『発見からの感動』を生んだ場面、表情、行動をとても多くかんじました!

選手達だけでなく、コーチ達も得るものが大きいジカンであったこと、この場を借りて御礼を申し上げます!

これからもコドモたち、オトナたちが盛り上がるジカンをつくっていきます!

Muito obrigadooooooooooo!
Curtimos !


 
2013.08.25 Sunday

ボールとナカマとの大イベントは大成功! フットサルアミーボス2013 8月21〜22日

 FUTSAAMIBO
IMG_3901.JPG
今年もやってきましたボールとナカマをかんじ、うごき、ほめあうをコンセプトにした『コドモたちによる、コドモたちのためのコドモたちのジカン』!
IMG_3891.jpg
フットサルアミーボス2013は中伊豆ワイナリーヒルズホテルに宿泊して、フットサルあり、レクレーションあり、ビンゴあり、プロジェクトアドベンチャーありと、とにかく盛りだくさんでワイワイ、ウキウキと楽しみました!
IMG_3892.jpg
一日目は小田原スクールも参加しての大フットサルリーグ!
低学年リーグ、高学年リーグともに最高に盛り上がりました。
その中でも高学年の選手たちが務めてくれる審判は見守るコーチ達の予想を遥かにこえるうごきがみられました。
IMG_3894.jpg
試合のルールは、ノーマルゴール1点、チームパフォーマンス+1点、技あり得点+アルファ、学年別ゴール+アルファ(学年が低い方が得点が高い)という評価式ゴールで、審判それぞれに真剣ながらも笑いが絶えることがありませんでした。
IMG_3895.jpg
優勝チームや各スクールの個人賞だけでなく、豪華な参加賞(今回はフィンタオリジナルウェア(吸汗速乾!)にフィンタランドリーバッグ(http://www.finta.jp)とロデイオグリルさん(http://rodeiogrill.jp/rodeiogrill.html)からのお菓子とガラナジュース、そして恒例の本場ブラジルからのボンフィン)
IMG_3945.JPG
小田原の中学3年生がゲットしてくれたことは本当に嬉しかったです。
この小学生たちの中で、懸命にプレーする中学生の姿はとても素晴しく頼もしくみれました。
夜はレクレーション中に雷が近くに落ちたことによる停電も経験し、星にネガイをでは自分の夢を紙に書き出し、ビンゴでは思い切り前のめりになり、寝る時はガヤガヤ、ソワソワしつつも気がつけば隣の子の足が乗っかっていても眠る程でした。
IMG_3900.jpg
IMG_3902.jpg
二日目は6時からグランド全体に隠された宝物探しでポイントゲットへ向けて、アミーボ王国のラスポスかざーみの挑戦に眠気が一気に吹っ飛ぶうごきをみせていました。
(ちなみにそのあとも帰るまで宝をさがす一年生がいましたが。。。。)
IMG_3903.jpg
午前中は目玉のひとつプロジェクトアドベンチャー(またの名をチームビルド)を体験しました。コーチのボスとヒロが15人ずつの選手たちの成長への経験の場を与えてくれました。
ナカマとチームになること。
ヒトに伝え、ヒトをかんじ、ヒトとともにうごき、考える。
ときにはやり方/見方を変え、みんなで乗り越えて行く。
ひとりで出来なくともみんななら乗り越えられる。
素晴しい時間でした!
IMG_3944.JPG
そして午後は全学年が混じったフットサルリーグ!
一日目より学年別得点の幅が広がり、より白熱!
途中から試合の前半を低学年で2vs2で闘い、後半を3vs3で高学年が締めるという形でよりヒートアップ!
IMG_3919.jpg
IMG_3946.JPG
審判の働きもここまでの経験が全てに於いてパワーアップの源となり感動する程のうごきでした。
IMG_3920.jpg
最後の表彰式でも充実した顔がみれ、さらにはあのバンデルさん(http://bandel.jp/index.php)からのパワーリングを二日間頑張った選手へのご褒美としてもらえたときはさらいに倍増してました。
大石コーチのおかげです!本当にありがとう大石コーチ!

 
選手たちのがんばりとともに、選手たちを支えてくれたスタッフのみんな本当に感謝です。
ボクらは選手たちからたくさんのことを得られることが最高のご褒美であるとかんじています。
最後にこのアミーボスに選手を送り出してくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました!選手たちは最高に成長しました。ジカンはかかるかも知れませんがこの経験が彼らのひとつひとつの行動に必ず生きる時がきます!それまで暖かく見守り続けてください!
アミーボ ムイト ボン!
IMG_3918.JPG
2013.04.01 Monday

全スクール修了!(さいたま、沼津、小田原スクール)

!!

2012−13年度のセントロデフットサルスクール、全カテゴリー、全地域を修了することができました!

特に、幼稚園卒園のみんな、小学生卒業のみんな、中学校卒業のみんな、新たなステージへのステップアップおめでとうございます!

これからも本スクールや次のカテゴリー、チーム、クラブ、学校で思い切り楽しんで、のめり込んで、やりきって、ボールとともに成長してほしいと願います!

フットサルはサッカーのみをプレーしてきた選手に比べて6−13年代でのボールに触れる介意数が600倍も違う。というヨーロッパ研究機関のデータがあるように、ボールを触る楽しさをより感じられるフットサルで『発見と感動』を生んでもらえるよう本スクールのフィロソフィーを選手とともに作り上げてまいります!

あらためまして、全スクール生の保護者並びに選手のみなさん、昨年度も本当にたくさんの感動をありがとうございました!本年度もどうぞ宜しく御願い申し上げます!






2012.08.27 Monday

フットサルアミーボス2012〜御礼〜

ボールとともに仲間をつくり『かんじ』『うごき』『ほめあう』。

フットサルアミーボス2012は選手たちのとてもとても素晴しいココロのつながりによって大成功で終えることができました!

選手のみんな。送り出して頂いた保護者の皆様。星槎学園スタッフのみなさま。
そして、コーチングスタッフのみんな。

み〜んなアミーボでした!

『アミーボだぜ〜ぃ』

写真や諸々の活動に関しては明日までにアップします!
おたのしみに!

Muito obrigado para todos ! 

 
Powered by
30days Album