ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.06.03 Saturday

大きなネコとボヨヒナマ。CFSさいたま選手クラス 6月2日

Ola como vai amigos ?  Faça a sua jogada ! (自分らしくあれ!)
Ser futsal , Ter sorriso sempre ”フットサルをプレーする!” そして、”常に笑顔を!”

 

『ユルクユルク』

 

3回のトレーニング。とは思えないほどベテラン級の理解力で動きを確認。

 

バーモントへ向けて『自分たちらしさ』整いました。

 

魔法は使えないけど、魔法がかった状態にはなれる。

 

未来を見据えて、今と戦う!

 

フットサル楽しいです!

 

継続はチカラなり!

『こんなシーンが多く観られると思うと今から楽しみ!』


ピッチのあらゆることを感じ、みんなが動き/それぞれも動き、ひとりひとりのプレーをリスペクトし合う環境。
その中身が戦略、戦術、目的、原則から生まれるチームプレーモデル。
5=みんなでフットサルを楽しもう!


Até que em fim ! 

スクール紹介は下のロゴをクリック!
  

2017.05.30 Tuesday

フットサルにハマっていく!CFSさいたま選手クラス @HONDA CUP'17 5月28日

Ola como vai amigos ?  Faça a sua jogada ! (自分らしくあれ!)
Ser futsal , Ter sorriso sempre ”フットサルをプレーする!” そして、”常に笑顔を!”

 

『フットサルを体感』

 

2回のトレーニングを経て、フットサル大会に出場!

新チームになり、4年生も多く加わり、新たな一歩となった舞台は全国大会へ通ずるメジャー大会のひとつ”HONDA CUP"

選手たちは朝早くからFFC東川口に集合しお父さん、お母さんが見守る中、フットサルを感じ、フットサルをプレイする体験をしました。

 

ここであえていう”体験”という言葉。それはルール、場所、対戦相手すべてがフットサルであること(当たり前かもしれませんが)それは今までにない体験であること。スクール中のゲームは限りなくフットサルではあることに間違いはないですが、大きく違うのは普段からフットサルを中心に活動している”チーム”との対戦であること。

 

みんなワクワクした顔で『はやく試合がしたい!』という状態で臨んだ3試合ずつ(5、6年生チームと4年生チームでの出場)はかなりゴールは入れられたのは間違いないのですが、決して負け惜しみでもなんでもなく、ここまでの選手クラス2回のトレーニングとこれまでスクールでトレーニングして来たことはすべて対戦相手に通用し、その通用するということを示してくれたのも選手たちみんながそのプレイを『自ら考え、実践した』という証です。

 

そこが『自分たちらしく戦う』ということ。

もちろん選手たちが悔しいキモチで一杯なのは間違いないです。そして、それを見守るお父さん、お母さんたちも相当悔しいことも理解しています。自分たちコーチも悔しくないはずがありません。だからこそ『悔しい気持ちとはこういうことか』と感じておくことが大事であり『自分たちらしく戦う』ことで、試合のひとつひとつが『自分ごと』ととして選手たちが捉え、考えプレイしたのだと思います。

 

未来を見据えて、今と戦う!

 

フットサル楽しいです!

 

継続はチカラなり!

『強豪集まる屋内でのフットサルの試合!その環境で戦うだけでも大きな成長を生みます。』

 

『5、6年生チーム!』

 

『4年生チーム!』

 

『試合ごとに戦い方に変化と成長を魅せてくれました!』

 

『受け継がれる円陣スタイル!』


ピッチのあらゆることを感じ、みんなが動き/それぞれも動き、ひとりひとりのプレーをリスペクトし合う環境。
その中身が戦略、戦術、目的、原則から生まれるチームプレーモデル。
5=みんなでフットサルを楽しもう!


Até que em fim ! 

スクール紹介は下のロゴをクリック!
  

2017.05.20 Saturday

仕組みを知ること。CFSさいたま選手クラス 5月19日

  スクール紹介はロゴをクリック!

 

Ola como vai amigos ?  Faça a sua jogada ! (自分らしくあれ!)
Ser futsal , Ter sorriso sempre ”フットサルをプレーする!” そして、”常に笑顔を!”

 

『フットサルは再現性の高いスポーツ。』

 

ただし、それが同じシーンなのかを見極めれることが必要。そこが『観察力』である。

観察とは『じっくり観る』こと。

ただ、そこまでの時間がないスポーツだから、その分常に観ておく。観えるようにしておく。

 

今日は観えるコツを。それだけでもゲームは変わる。

 

フットサル楽しいです!

 

継続はチカラなり!

『明らかに変わったゲームでの動き!頭は鍛えられることを魅せてくれました!』


ピッチのあらゆることを感じ、みんなが動き/それぞれも動き、ひとりひとりのプレーをリスペクトし合う環境。
その中身が戦略、戦術、目的、原則から生まれるチームプレーモデル。
5=みんなでフットサルを楽しもう!


Até que em fim ! 

 

2017.04.15 Saturday

フットボールのイイトコどり!<17-18シーズン始動!>CFSさいたま選手クラス 4月14日

  スクール紹介はロゴをクリック!

 

Ola como vai amigos ?  Faça a sua jogada ! (自分らしくあれ!)
Ser futsal , Ter sorriso sempre ”フットサルをプレーする!” そして、”常に笑顔を!”

 

『フットボールのイイトコどり!』

 

フットボールの中のフットサル。そして、フットボールの面白いと言われるところがギュ〜っと詰まっているのがフットサル。

今年度もフットサルを様々な角度から観察して、みんなで成長と感動をいっぱい感じることができる環境を作って行きます。

 

始動の今回は、4年生数名にも体験をしてもらい、新たなチャレンジへの扉の存在を感じてもらいました。

ピッチ上のプレイでも、日々の生活でもヒトは決断を繰り返して生きています。

やるかやらないか、抜かれるか抜かれないか、それはすべて自分の決断からはじまる。

 

決して難しいものではなく、観て、待って、沸き立つヒラメキを実行するだけ。

 

フットサル楽しいです!

 

継続はチカラなり!

『何かをひとつ。色々な動き、考えに自分らしさが見れたことは大収穫!』


ピッチのあらゆることを感じ、みんなが動き/それぞれも動き、ひとりひとりのプレーをリスペクトし合う環境。
その中身が戦略、戦術、目的、原則から生まれるチームプレーモデル。
5=14でフットサルを楽しもう!


Até que em fim ! 

 

2017.03.25 Saturday

自分らしくあれ!CFSさいたまU12選手クラス 3月24日 最終活動日!

  スクール紹介はロゴをクリック!

 

Ola como vai amigos ?  Somos Campeão ! (我々は勝者)
Ser futsal , Ter sorriso sempre ”フットサルをプレーする!” そして、”常に笑顔を!”

 

『君たちの成長は君たち自身が気づき作り上げたもの』

 

24回のセッション(大会も1として計算)でヒトはココまで成長する。

1回1回に刺激と吸収を求め、何よりも観る以上の観察を意識できるようになってからは、自信過剰でもなく、極度に敵を意識するわけでもなく、ゲームで目の前で起きているそのものを特別にフィルターをかけることなく観れることが、シーンを読み取り、どこで何が起きているかを頭の中で読み取れているという観察を習慣化できていると感じています。

 

最高の選手たちと一緒にフットボールができる。

僕らはフットボールファミリーです。フットボールの中にある5人制のフットサルがフットボールをより楽しいものに変えてくれたのは彼らの紅白戦を観ていれば一目瞭然です。

 

フットサル楽しいです!

 

継続はチカラなり!

『5年生ヴェルジ(緑)、6年生アマレーロ(黄色)、コーチ+お父さんヴェルメーリョ(赤)での紅白戦。盛り上がらないはずがない!』


ピッチのあらゆることを感じ、みんなが動き/それぞれも動き、ひとりひとりのプレーをリスペクトし合う環境。
その中身が戦略、戦術、目的、原則から生まれるチームプレーモデル。
5=14でフットサルを楽しもう!


Até que em fim ! 

 

2017.03.12 Sunday

優勝すると言って優勝すること。CFSさいたま選手クラス FINTA CUP優勝! 3月11日

  スクール紹介はロゴをクリック!

 

Ola como vai amigos ?  Somos Campeão ! (我々は勝者)
Ser futsal , Ter sorriso sempre ”フットサルをプレーする!” そして、”常に笑顔を!”

 

『自分たちらしく戦って優勝する!』

 

優勝しました!

 

いつものように細かい戦績は書きませんが、『自分たちらしさ』は全ての試合で全て出し切れていました。

自分たちコーチングスタッフは、”気づき”の声をかけるのみ。

 

それはみんなで確認したことへのリマインド的なものだけでした。

 

ほぼ全ての試合で先制されて、3点差つけられてからの逆転劇。

これほどまでにフットサルを楽しめるものなのかと感じました。

 

最大の収穫は自分たちのテンションをコントロールできるようになったこと。

一喜一憂ではなく、終了の笛が鳴るまで試合を楽しむことをピッチでベンチで表現できたこと。

 

敵チームのコーチからウチの”ダッフンダ 円陣”を聞いて『あら、元気なくなったね』と言っていた時に『やった!勝った!』

と確信しました。

敵はウチを表面的にしか観れてないなら絶対勝てると。予想通り追い付いてPK勝ち。

 

その感覚を持って優勝へと駆け上がりました。

 

次年度の選手クラス選手たちにも魅せることができた戦い方と楽しみ方。この優勝は全てに於いて選手クラスにいる選手全員のものであり、大会の大きさ、敵の戦い方などではない、自分たちをどう動かすかというところに彼らは気づきを得た。

 

敵は己にあり。

フットサルは楽しい!

 

選手のみんな、保護者の皆さん、フットサル大宮のスタッフのみんな、セントロデフットサルさいたま/古河コーチングスタッフ、みんなの優勝です! この機会を作っていただいたフィンタジャパン三須社長、ウィローフィールズ古河のみなさま、本当に心より感謝申し上げます。マイペースであるチームと戦っていただいた相手チームの皆さんにも感謝感謝です。

 

さあ、最後は今月末の親子対決か?

 

継続はチカラなり!

『この初戦から全てははじまった!』

 

『セントログループ古河校選手クラスとの対決!』

 

『そして盛り上がったPK戦!』

 

『優勝いただきました!』


ピッチのあらゆることを感じ、みんなが動き/それぞれも動き、ひとりひとりのプレーをリスペクトし合う環境。
その中身が戦略、戦術、目的、原則から生まれるチームプレーモデル。
5=14でフットサルを楽しもう!


Até proximo !

 

2017.02.18 Saturday

1歩は10歩分にて。CFSさいたまU12選手クラス TR day 2月17日

  スクール紹介はロゴをクリック!

 

Ola como vai amigos ?  Somos Campeão ! (我々は勝者)
Ser futsal , Ter sorriso sempre ”フットサルをプレーする!” そして、”常に笑顔を!”

 

『敵がいてもプレーできる』

 

前回の東川口カップで感じ、得ることができた敵と向き合うこと。

今回は7人だけの参加でしたが、その7人の持つ能力は確実にアップしたことを確認しました。

 

どこにいてももらい方を意識すればボールを受けることができる。

どんなに味方に敵がついていたとしてもパスラインが引ければ出せる。

 

この距離感に強くなった時、選手たちのゲーム内容は成長しました!

 

フットサル楽しいです!

 

継続はチカラなり!

『あまりに選手たちの達成度が高く見入っていたらTR終わってしまった。。。』

 


ピッチのあらゆることを感じ、みんなが動き/それぞれも動き、ひとりひとりのプレーをリスペクトし合う環境。
その中身が戦略、戦術、目的、原則から生まれるチームプレーモデル。
5=14でフットサルを楽しもう!


Até proximo !

 

2017.01.30 Monday

自分たちらしさではチャンピオン級! CFSさいたま選手クラス FFC東川口ニューイヤーカップ2017 1月28日

  スクール紹介はロゴをクリック!

 

Ola como vai amigos ?  Somos Campeão ! (我々は勝者)
Ser futsal , Ter sorriso sempre ”フットサルをプレーする!” そして、”常に笑顔を!”

 

『かっこよく、そしてオシャレに!』

 

なんのこと?というような言葉かもしれませんが、今回の大会のテーマでした!

他チームが10人くらいの選手を揃えてフットサルをフットサルとしてのカタチを作って挑んでくるのに対して、こちらは6人。。。なんとひとりは休憩できるではないか!という気持ちでピッチへと。

 

選手たちは、テーマを生き生きと何よりも自分たちのスタイルを崩さず、敵の戦い方に合わせて戦うカウンター的発想ではない、ゲームメイクという名前がはっきりとわかるゲームたちでした!

 

予選リーグは1勝2敗1分で突破とはなりませんでしたが、この年代だけではないですが、フットサルをプレーする者にとって大切な『自分らしさ』は最後の最後まで失わず、決してガヤガヤ、ワイワイするメンバーではないですが、戻ってくる顔の素晴らしさはお世辞や身内びいきではなく、ナンバーワンでした!

 

『君たちを誇りに思う!』ってひとりひとりを見ながら伝えました。

フットサル楽しいです!

 

継続はチカラなり!

『6人の勇者!』

 

『Fリーグフウガドールすみだの下部組織ジュニアにも自分たちらしさを貫く!』

 

 

フットサルとサッカーを楽しむことのひとつのモデルがここに間違いなく存在してました!


ピッチのあらゆることを感じ、みんなが動き/それぞれも動き、ひとりひとりのプレーをリスペクトし合う環境。
その中身が戦略、戦術、目的、原則から生まれるチームプレーモデル。
5=14でフットサルを楽しもう!


Até proximo !

 

2017.01.23 Monday

僕らの中では優勝以上!TR DayとLARGO cup 2017 CFSさいたま選手クラス 1月20日21日

  スクール紹介はロゴをクリック!

 

Ola como vai amigos ?  Somos Campeão ! (我々は勝者)
Ser futsal , Ter sorriso sempre ”フットサルをプレーする!” そして、”常に笑顔を!”

 

『今日は優勝しよう!』と前日のトレーニングが話をしながら挑んだ大会で、準という文字が頭につきましたが優勝の文字を掴んできました! 何よりも今いるメンバーで全員でひたむきに戦う、全員が関わりあうというフットサルの持つ魅力と育成年代で最も大切にしている部分が全て出しきれての結果に心からのおめでとうを選手に送りたいと思いました!

 

初戦に敗戦はしましたが、全てのゲームで先制点を取り、勝ち取ってきたこの結果は、ゲームを繰り返す中での修正=変える勇気、やり抜く勇気、挑む勇気が判断力をレベルアップさせて、敵のアクションへのリアクションではない自分自身でゲームメイクすることへ繋がる試合たちでした!

 

今週末あるもう一つの大会へまた楽しみが増えました!

 

継続はチカラなり!

『刺激を受けた試合!この試合でスイッチ入りまくりました!』

 

『新たなゴレイロの誕生!』

 

『過去の経験や自分で観たところからの状況判断がそこにはありました!』

 

『優勝以上の準優勝ってこういうことなのかなと』


ピッチのあらゆることを感じ、みんなが動き/それぞれも動き、ひとりひとりのプレーをリスペクトし合う環境。
その中身が戦略、戦術、目的、原則から生まれるチームプレーモデル。
5=14でフットサルを楽しもう!


Até proximo !

 

2016.12.31 Saturday

全員で戦うことの価値。CFSさいたまU12選手クラス 関東施設連盟フットサル大会 12月30日

  スクール紹介はロゴをクリック!

 

Ola como vai amigos ?  Jogo foram muito divertido ! 

Somos  Campeão ! 我々は勝者!
Ser futsal , Ter sorriso sempre ”フットサルをプレーする!” そして、”常に笑顔を!”

 

" Confiança para todos ( コンフィアンサ パラ トードス):みんなを信用する"

 

久しぶりの大会出場。すでに帰省してしまっている選手たちや怪我のため来れない選手がいる中、初々しい4年生が参加してくれました。

 

結果は4位。ただ、唯一と言っていいほど、選手のローテーション、形、戦い方を場面ごと対応していたチームとして、胸を張れる戦いばかりでした。

 

並み居る6年生達と戦い、敵の考えを読み取り、裏をかき、カラダを入れ合うプレーは、出場時間に差はありましたが、ひとりひとりの特徴を出し切った結果でした。

 

固かった初戦以外は、本当にイキイキとした表情と戦いに集中した眼差しになっていました。

 

年明けも大会はあります!

目一杯お正月を楽しんで、またピッチで思う存分暴れましょう!

 

寒い中暖かく応援してくださった保護者の皆様いつも本当にありがとうございます!

2017年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

 

『DFからの攻めに一体感が生まれた!』

 

『判断力の向上!』


ピッチのあらゆることを感じ、みんなが動き/それぞれも動き、ひとりひとりのプレーをリスペクトし合う環境。
その中身が戦略、戦術、目的、原則から生まれるチームプレーモデル。
5=14でフットサルを楽しもう!


Até proximo !



 

Powered by
30days Album